1. トップ
  2. 発酵レシピ
  3. 長芋とリンゴのとろとろリゾット
発酵レシピ

レシピ

長芋とリンゴのとろとろリゾット

荒木慶子(料理研究家)

長芋とリンゴのとろとろリゾット

長芋とリンゴを使った疲れた胃腸をいたわるメニュー。リゾットは胃腸への負担も少ない上、ポカポカと体が温まる点もポイントです。チキンスープに白味噌を加えると、コクが出て、旨みが増します。また、味噌は肝機能の回復に役立つと言われ、体が疲れた時にぜひ取り入れたい食材です。

材料 ※4人分

  • 冷やご飯 軽く4杯分
  • 長芋 200g
  • リンゴ 1個
  • 白味噌 40g
  • 牛乳 1カップ
  • チキンスープ 1カップ
  • 粉チーズ 大さじ1
  • パセリ(乾燥タイプ) 適宜
  • 塩 適量
  1. ①長芋は縦に四つ割りに切った後、ビニール袋に入れて口をとじ、まな板に横たえて麺棒で叩いて粗みじんに砕く
  2. ②リンゴは二つ割りに切り、芯を取る。1つ分は皮ごとすり下ろす。残りは三つ切りにし、2〜3mmの薄さのイチョウ切りにする
  3. ③鍋に冷やご飯とチキンスープを入れて弱火にかけ、3〜4分煮る
  4. ④白味噌を加えて混ぜ、長芋を加えてさらに3〜4分煮る
  5. ⑤牛乳とリンゴのすり下ろしを加えて2〜3分煮た後、イチョウ切りのリンゴを加える
  6. ⑥煮立ったら火を止め、塩で調味する。器に盛り、粉チーズとパセリをふる
荒木 慶子さん

荒木 慶子(あらきけいこ)

1972年に渡米し、デュマ・ピエークッキングスクール全課程修了。1984年に料理スタジオ「クックダム」を設立。料理教室主宰、食品企業の商品開発などを行う。1990年には中国陝西省現代中医学 元漢方医 張先生につき東洋医学・薬膳を学ぶ。2016年にNPO法人認知症サポートネットに入会し、現在は認知症予防料理アドバイザーとして活躍。主な著書に『おかあさんのおかず本』(主婦の友社)、『きょうの料理』(NHK出版)等。

※記載内容は、取材対象者及び筆者の個人的な見解であり、特定の商品または発酵食品についての効果効用を保証するものではありません。

キーワード

人気の記事

  1. 発酵の基礎知識

    ビフィズス菌は乳酸菌ではない!?食品の保存から発酵食品づくり、腸内改善まで大活躍の乳酸菌

  2. 発酵食品事典

    醤油麹とは? その味、作り方、使い方、レシピ&健康効果をカンタンまとめ

  3. 発酵の基礎知識

    さまざまな発酵食品と麹菌、酵母菌、乳酸菌~あなたにとって食べやすい菌はどれ?

最新の記事

キーワード

インタビュー

発酵食品の専門家、研究者、インフルエンサー……等々、発酵食品を深く追求している方々にお聞きします。

記事一覧を見る

菌活(キンカツ)

発酵食品をカラダの味方につけるには? 健康・美容と発酵食品の関係について深掘りしていきます。

記事一覧を見る

発酵の基礎知識

発酵のベーシックや仕組みを知れば、発酵食品がある生活はワンランクアップ。

記事一覧を見る

発酵レシピ

発酵食品を使った、カラダに頼もしいレシピをご紹介しています。

記事一覧を見る

発酵食品事典

納豆、お味噌、お醤油……はもちろん、マニアックなものも含めて、世界の発酵食品を深掘りしていきます。

記事一覧を見る

発酵Q&A

「発酵食品の食べ過ぎって?」などなど、発酵食品の「?」を解消していきます。

記事一覧を見る