1. トップ
  2. 発酵レシピ
  3. かぼちゃとチーズのポタージュ
発酵レシピ

レシピ

かぼちゃとチーズのポタージュ

荒木慶子(料理研究家)

かぼちゃとチーズのポタージュ

体を温める食材のひとつ、かぼちゃをたっぷり味わう温活スープです。ナツメグも体を温める効果があるので、体の冷えが気になった時におすすめ。ヨーグルトやチーズといった免疫力を高めてくれると言われる発酵食品もたっぷり摂れる、まさに食べて元気になる一品です。

材料 ※4人分

  • かぼちゃ 300〜350g
  • じゃがいも(小サイズ) 1個
  • チキンスープ 2カップ
  • ヨーグルト 大さじ6
  • おろしチーズ(チェダーチーズ、ピザチーズなど) 100g
  • 塩コショウ 少々
  • ナツメグ 少々
  • ブロッコリーや芽キャベツ(茹でたもの) 適宜
  1. ①かぼちゃは切る前にビニール袋に入れ、レンジで加熱(600w、5〜6分)し、粗熱が取れたら皮を取り、2〜3cmの角切りにする
  2. ②じゃがいもは皮ごと爪楊枝で数カ所穴を空け、ラップで包んでレンジで加熱(600w、4〜5分)し、完全に熱が通れば皮をむき、スプーンの背などでつぶす
  3. ③鍋に①と②を入れ、半量のスープを加えて火にかけ、野菜の塊をスプーンでつぶしながら小さくする
  4. ④残りのスープとヨーグルトを加えて煮立ったらチーズを加え、火を止めて余熱で溶かす
  5. ⑤塩コショウで調味し、ナツメグで香りを足す。器に盛り、好みでブロッコリーや芽キャベツなどのトッピングを飾る
荒木 慶子さん

荒木 慶子(あらきけいこ)

1972年に渡米し、デュマ・ピエークッキングスクール全課程修了。1984年に料理スタジオ「クックダム」を設立。料理教室主宰、食品企業の商品開発などを行う。1990年には中国陝西省現代中医学 元漢方医 張先生につき東洋医学・薬膳を学ぶ。2016年にNPO法人認知症サポートネットに入会し、現在は認知症予防料理アドバイザーとして活躍。主な著書に『おかあさんのおかず本』(主婦の友社)、『きょうの料理』(NHK出版)等。

※記載内容は、取材対象者及び筆者の個人的な見解であり、特定の商品または発酵食品についての効果効用を保証するものではありません。

キーワード

人気の記事

  1. 発酵の基礎知識

    ビフィズス菌は乳酸菌ではない!?食品の保存から発酵食品づくり、腸内改善まで大活躍の乳酸菌

  2. 発酵食品事典

    醤油麹とは? その味、作り方、使い方、レシピ&健康効果をカンタンまとめ

  3. 発酵の基礎知識

    さまざまな発酵食品と麹菌、酵母菌、乳酸菌~あなたにとって食べやすい菌はどれ?

最新の記事

キーワード

インタビュー

発酵食品の専門家、研究者、インフルエンサー……等々、発酵食品を深く追求している方々にお聞きします。

記事一覧を見る

菌活(キンカツ)

発酵食品をカラダの味方につけるには? 健康・美容と発酵食品の関係について深掘りしていきます。

記事一覧を見る

発酵の基礎知識

発酵のベーシックや仕組みを知れば、発酵食品がある生活はワンランクアップ。

記事一覧を見る

発酵レシピ

発酵食品を使った、カラダに頼もしいレシピをご紹介しています。

記事一覧を見る

発酵食品事典

納豆、お味噌、お醤油……はもちろん、マニアックなものも含めて、世界の発酵食品を深掘りしていきます。

記事一覧を見る

発酵Q&A

「発酵食品の食べ過ぎって?」などなど、発酵食品の「?」を解消していきます。

記事一覧を見る